投稿日:

疲れている時は無理をしてメールを送らない

メールを返したいけど、疲れていてメールを書くのもしんどいと思う時が男性にもあると思います。

相手の女の子はあなたからのメールを待っていると思いますが、疲れている時は無理してメールを書かなくても良いのです。
寧ろ、疲れているなら今日はメールを書くことをお休みしましょう。

素敵な男性は疲れているのに無理してメールの返事をする人ではありません。
疲れている時は無理せずに休むのです。

私は疲れている時や眠たい時にメールを書くことは絶対にお勧めしません。
疲労が溜まってる状態で書いたメールは、必ずなんらかのミスを犯します。

疲れている時に書いたメールは、誤字や脱字が多くなります。
普段だったら誤字や脱字があった場合に気が付いて修正することが出来ますが、疲れている時は誤字や脱字を探す気力もありません。

だからあったとしても修正することなくそのまま送信してしまうのです。

誤字脱字があるメールを何度も送ってしまっては凄く格好悪いです。

また、疲れている時にミスすることは誤字脱字だけではありません。
全く意味の通らないわけのわからない文章になっていたり、書かなくても良いようなことまでツラツラと書き綴ってしまうこともあります。
下手すると内容によっては、相手の女性を傷つけたり幻滅させたりすることになり兼ねないのです。

疲れも溜まっていなくて頭に冴えている時にしっかりと考えながら文章を書きましょう。

もし疲れている時にどうしても送るのであれば、「ちょっと疲れているのでゆっくり休んでから送ります。待ってて下さい」と一言だけ書いて送りましょう。

突然メールが来なくなるよりも、一言メールが遅れることを連絡しておけば、相手の方も不安な気持ちでメールを待つ心配もありません。